大学生日記

大学生日記

大学三年生の日常 

ねえ

さっき更新したのは、3日前に書いたのだからね。

 

 

今日も誰も見てないね。

そりゃそうか。

ところで、何の話しよう。

なんかいつも自分って気持ち悪い。

最近いつもふわふわしてる。すごく元気で心も落ち着いて、それがなんだか不安になったり、そわそわしちゃうなんて、おかしいのかな。

 

念願の夢だった実家を出るをついに果たしたのだよ。

ツイッターのピロフィールにも、早く家出たいって3年くらい書いてたし、それが本当に本心、懇願してたことだったよ。実家を出て、一週間くらいたった。用事あったり、荷物取りに帰ったり、たまにするけど。二十歳になって、親のサインがいらないことが本当に素晴らしいね。確かに家賃も生活費も全部自分で払わなきゃいけないけど、それはちょっと大変だけど、でもよかった。高校生のときのお年玉の貯金などを使って生活してる。やっぱりとてもうれしいわ。

私これからどうなるのかな。気持ち悪い。

今これ書きながら、ドビュッシーを聞いてるんだけど、なぜか泣けてきます。

きっと過去は遠くなるのかな?あのときのことなんて、わかんなくなっちゃうかもよ?

多分そんなこと忘れてケラケラ笑ったりするかもよ?きっと陰みたいのがすっと消えて、何か新しく変わることかな。え、私わかんないって。でもそれはいいことなのかな?それって消えることなのかな?嫌だ私消えたくない。

 

私、前に比べてとても元気になった。人も怖くなくなった。自分なんてだめだとか何かに追い詰められて泣いてばかりいたのに、本当にすっとなくなった。過去のブログに詳しく長々書いてある。

そのときは病院に行かなかったけど、かなり深刻だった。死なずにちゃんと二十歳になってよかったねって思った。本当に死にそうだったんだよ。意味わかんないかもしれないけど、なんか本当に孤独でブスでみんなから嫌われてるし、人前に現れちゃいけないと思って毎日生活してた。毎日毎日死にたくなった。大森靖子さんの「新宿」や「魔法が使えないなら」ばかり聞いてた。

ドビュッシーの月の光

 

 

確かに確かに今も本当にとても醜く怠惰な身体ではあるけど、カメラの前で笑うようになりました。とても今までではそんなことできなかったのに。

今日友達が私の写真をやいてくれました。確かに怠惰な身体でかわいくもないけど、なんか私がこんなふうに写真に写るなんて、なんか感慨深くて。

 

あのときは毎日ついてきて当たり前だった絶望をもうあまり感じなくなってしまうのかな。一体私は何に絶望して、毎日どんなふうに生活してたのかな。絶望なんてなくなっちゃうにのかな。うまく生きれるように最近なってきた気がする。授業ちゃんと行ってる。あでもここ数日かも。

まだどうなるか分からないけど。絶望する人の気持ち分からない人になっちゃうのかな。私そんなふうになりたくないよ。でも私がこのあとちょっとずつ幸せになっちゃったら、忘れちゃうのかな。あの絶望してた時期は一体何だったんだろう。あれは一体。

まだリスカ跡残ってるんだよね。そんなの忘れたように生活してるのに。。。

あの状態はとても特殊だったかも。作品もとてもおかしくておかしくて、でもすごいものばかり作ってた。なんかとても不思議だ。感情を吐き出すように作ってたのかも。もうあんなふうに作れなくなっちゃうのかな。どうしよう。湧き上げるぶっ潰したい感情がないと、あんなの作れなかったのかな。もうよくわからない。あれを続けたいのにもしかしたらできないのかな。どうしよう。そしたら私にはなにができるの。しかもあの時期にもっと作ってたら、よかったのに時間もないし、しんどくてできなかった案が何個か残っているんだよね。あの時に思いついてすぐにできなかった案を今やってみても上手くできるのかな。

あの時は感情で思いついたのに、今はそのときと違う感情だ。

その状態で作っても上手くできるのかな。

わかんないよ。わかんないわかんない。

ドビュッシー「喜びの島」

 

もうあのときできたすごかった作品できなくなるのかな。鬱が治るのと引き換えに。

 

ドビュッシー「水の反映」

 

大森靖子さん最近元気そうですごくかわいい。ネット配信で曲の最初や途中にギャグ挟んだり、ああ靖子ちゃんも元気になったんだなあって。変わった

 

中島みゆき「狼になりたい」

 

 

寝ます

思い立ったらまた書きます

おやすみなさい