大学生日記

回想

 

 

なんかほんとうに気持ち悪いし、ひとりの日記で書いとけよって感じのことなんだけど、

去年の1年間が本当に楽しかったなあって振り返って。

人間的にも技術的にも去年より今のほうがめちゃくちゃ成長した自信はあるんだけど、去年の方が友達とたくさん話したり、でかけたりしてて楽しかったなあ。。。。。。

去年、大学3年のときは、授業終わったら写真部の友達と昼ごはんいっしょに食べて話したり、いろいろ相談もしたりしてた。 美術部のみどりちゃんは理工学部でさがきゃんだけど、よく青キャンに来てたから、授業後部室で絵を描いたり、話したりしたし、タピオカ飲みに行ったり、たこ焼き食べたり、したなあ、 あああ楽しかったなあって。 昼ごはんをいっしょに食べて話したり、 授業後部室で絵を描いて、暗くなってから一緒に帰って、最高の青春だったなあ。 楽しかったなあ。3年生が1番楽しいピークだったなあ。 写真部の友達はもう卒業しちゃったし、みどりちゃんはもうこっちに来なくなっちゃったし、研究室と受験の塾に通って、忙しいみたいだし。みんなそれぞれで忙しく充実してるのに、私は、、、 去年仲良くしてた人が卒業とか、塾とか、いろいろでほとんど会わなくなっちゃって、もう私はどうしたらいいのか、さみしいし、話す人いないし、疎外感だし、気を使うし、誰とも昼飯食ってないし、単位まあまあ残ってるし、褒められないし、耐えられないし、一人暮らしだし、 なにこれ死ぬんじゃないかと思うくらい。 無理なんだけど。